バイラルラ会とは? モンゴルのストリートチルドレン モンゴルってどんなところ? VCC(バービストケアセンター)について 学生たちの手紙 支援の方法 ブログ 留学生Kenkenのモンゴル通信 リンク お問合せ 個人情報について バイラルラ通信

バイラルラ会とは

バイラルラとは、モンゴル語で「ありがとう」という意味です。

バイラルラ会は児童養育施設バービストケアセンター(VCCから巣立とうとする困窮児童を大学・専門学校・職業訓練校へ送る学資の援助を行っている団体です。2006年に日本で設立されました。

バービストケアセンターの開設以来10年以上が経ち、中学、高校を終えた子どもたちにより上の専門教育や訓練を与える時期が来ています。若者の就職機会が乏しいこの国では、人生の出発点からハンディキャップを背負った施設の子供たちに就職のチャンスはほとんどなく、知識や技能の武器が無い限り大きくなった彼らはまたストリートに戻らざるを得ません。私たちは子どもたちを能力に応じて各種の学校に園外の下宿から通学させ、彼らに教育とともに社会生活の仕方を身につけさせています。

進学支援の方法として、バイラルラ会はその年の予定学生数に合わせて年度募集目標金額を定め(本年度は220万円)、毎年8月にバービストのスカラーシップ口座に送金しています。モンゴルの学校は9月に新学期が始まります。現在会員数は個人・団体をあわせて100名程度、昨年は27名、今年は28名(予定)の学生を学校に送ります。

2006年の進学生たち

2007年の進学生たち

2008年の進学生たち

 

2009年6月ドンボスコ職業学校卒業生

バイラルラ会は会計年度を10月から翌年9月までと定めており、学生の進学状況や年度決算数値を会計監査の結果とともに会報で報告しています。

バイラルラ会は年に2回会報「Bayarlalaaバイラルラ通信を発行し、また最新のモンゴル情報を伝えるブログ「留学生Kenkenのモンゴル通信」を随時ウランバートルから発信しています。
 2007年度には支援者の一部の方々がモンゴル旅行を果たし、子供たちや学生の生活の場に触れ、交流をはかりました。

バイラルラ会は学生、VCC、支援者がともに支援の輪の中に入って交流しながら、感謝を分かち合う会作りを目指しています。皆様の暖かいご理解・ご支援をお願いいたします。

    日本における支援活動は次の方法により行っています。
              (ココをクリック)